京都発祥アイフル!ブラックは即日融資できないので注意!

アイフルブラック

アイフル株式会社は、日本中のだれもが知っている、消費者金融会社です。

もう消費者金融のサイトなんかもたくさんあるので、今さらここでアイフルを紹介しなくてもいいのですが。

しかし改めて、消費者金融のアイフルを調べていきましょう。

アイフルの発祥は京都!京の街金から始まった!

今から50年以上も前、アイフルは京都で生まれました。福田さんと言う方が、個人で立ち上げた貸金業です。

当時は高度経済成長時代で、輝かしい時代だったことでしょう。

アイフルの沿革をウィキペディアを参照にして紹介しましょう。

沿革
1967年(昭和42年)4月 – 福田吉孝が個人経営として消費者金融業を創業。
1978年(昭和53年)2月 – 株式会社丸高を、京都市左京区に資本金900万円で設立。
1982年(昭和57年)5月 – 株式会社丸高が株式会社大朝・株式会社山勝産業・株式会社丸東を吸収合併、資本金が5億円になり、アイフル株式会社に商号を変える。
1997年(平成9年)7月30日 – 日本証券業協会に株式を店頭登録。
1998年(平成10年)10月1日 – 東京証券取引所市場第二部・大阪証券取引所市場第二部・京都証券取引所に上場。
2000年(平成12年)3月1日 – 東京証券取引所市場第一部・大阪証券取引所市場第一部に指定。
2003年(平成15年)1月21日 – 日本経済団体連合会(経団連)に加盟。
2005年(平成17年)
4月16日 – 「アイフル被害対策全国会議」が、被害者の会や弁護士・司法書士を中心に結成される。
4月18日 – 同会議代表の弁護士が財務省近畿財務局長へ、アイフルに行政処分をするよう申し立てる。
9月16日 – 同会議が新聞・民放各社へ、アイフルの広告の掲載・放送を中止するよう申し立てる。
2006年(平成18年)4月14日 – 財務省近畿財務局長から、全店舗の業務停止命令を受ける。2ヶ月間、CMの放送などを自粛。
2009年(平成21年)
9月17日 – 住友信託銀行、あおぞら銀行らに対し、事業再生ADRを利用した私的整理を打診。債務総額3000億円。
9月24日 – 事業再生ADRの利用を事業再生実務家協会に申請、同日受理される。
2010年(平成22年)4月2日 – 大阪証券取引所上場廃止(東証1部は存続)。
2011年(平成23年)7月1日 – 株式会社シティズと株式会社ライフの子会社2社を吸収合併。

非常に歴史のある消費者金融です。

大手消費者金融と言えば、「アコム」「プロミス」「レイクアルサ」「モビット」と肩を並べる、それがアイフルです。

これら大手他社の消費者金融は、すべて銀行傘下に入っています。

つまり親会社がビッグバンクであり、その個人向け融資の業務が、上記のような屋号で行っている…といったところです。

他社金融会社もアイフルと同じく、もともとは個人の貸金業でした。しかし経営不振などから銀行に買収・吸収されたのです。

それに比べてアイフルだけは、あくまでも個人の企業として生き残っています。歴史のある、誇りがある企業なのです。

ですから京都、関西を代表する消費者金融といえば、まさにアイフルと言えます。

日本の都であった京都の誇りです。

京都で即日融資をするなら、まずはアイフルから!

キャッシングが初めての方、消費者金融でまずはお金を借りてみたい…と言った方は、まずはアイフルからスタートしてみましょう。

私個人的にも、キレイにお金を借りる場合は、アイフルを一押ししています。

はじめてのキャッシングをする場合は、アイフルが絶対に良心的で、審査も他社よりも緩いです。

京都だけでなく、大阪をはじめ日本全国に対応していますし、無人契約機が何と言っても便利すぎますから。

審査に不安の無い方は、アイフルでお金を即日融資しましょう。

アイフルはブラックは借りれない!即日融資するならブラック専門金融へ!

しかし当サイトは、ブラック即日融資。ブラックと言えば、どこからもお金を借りれない、何かとお金に困った人です。

ブラックになってしまったら、当然ながらアイフルではお金を借りる事は困難でしょう。

だからこそ、当サイトはブラックの方でも即日融資ができる、個人街金(優良ソフト闇金)を紹介しているんです。

アイフルでお金を借りれなくなった人が、最終手段として利用しているのが、ブラック専門の即日融資になります。参考になれば幸いです。

ブラックの方が即日融資を希望されるなら、まずはこちらから審査をしてみましょう!


↓↓↓審査へ行く↓↓↓ 大阪即日融資

こちらもおすすめ記事!